Match BLOGMatchスタッフがお届けする「マッチ通信」

麺屋 たかみ

龍ケ崎をこよなく愛し、龍ケ崎で起業したお店を紹介するMatch通信。
今回紹介するのは、生まれ育った龍ケ崎でラーメン店を経営する「麵屋 たかみ」さんです。
黒のシックな建物にはためく白い暖簾をくぐると、「いらっしゃいませ!」と元気な声がかえってきます。店主の髙見敬太さんと留美さんが笑顔で出迎えてくれました。
 もともと料理が好きで、ラーメン店でアルバイトをしたことがきっかけでラーメンの道に進んだ髙見さん。一度は別の仕事に就きましたが、ラーメンへの思いが離れられず、2014年にラーメン店をオープンしました。
 麵屋たかみのこだわりは、厳選した豚骨100%のスープ。丁寧にアクを取り、臭みをなくしてまろやかな味わいに。濃厚なのにあっさりとしていて、コクのあるとんこつラーメンが評判。口の中でほろほろととろけるチャーシューも人気です。

⚫︎まかないから生まれたラーメン「あかいらーめん」

今回紹介するのは、女性に人気の「あかいらーめん」。
独自にブレンドしたみそベースのスープに絶妙な辛味を加え、ピリ辛挽肉を加えて辛く仕上げた「渾身の一杯」!味玉、チャーシュー2枚、海苔など10種類の具が乗ったお得で贅沢なラーメンです。
見た目からして「辛そう!」と感じますが、コクがあるのにさわやかな辛さ。ピリ辛挽肉がスープを引き立たせ、味玉が辛さをまろやかにする絶品。お箸がどんどん進む美味しさです。辛さ増量もできるそうで、激辛は女性に人気だとか!
(あかいらーめん1,100円(税込))
名物の「チャーシュー丼」は、厚く切ったチャーシューをその場で炙り、熱々のご飯に乗せて出してくれます。チャーシューの香ばしさが食欲をそそり、甘辛いタレがご飯に絡んで、病みつきになる美味しさ。
チャーシューのテイクアウトもできます。(1本2,500円 タレは別売り200円(税込))

⚫︎いかに基本に合わせられるか

スープを作るのは敬太さん。気温や湿度、天候によって、同じ材料と時間で作っていると、毎回味が変わってしまうそうです。そのため、その日、その日によって火加減を見極めながら作っています。
「いつも同じ味を提供できるよう、いかに基本に合わせて調理をするかが、とても大事です」と敬太さんは話してくれました。

 

麵屋たかみの名物でもある味玉をつくるのは留美さん。茹で加減、味付き加減は、なんと5秒単位で調整して作っているのだとか。実は留美さんしか作ることのできない職人の技なのです。
 味玉は龍ケ崎の押木養鶏場の卵を使用。7月から11月までは川原代ネギを仕入れ、地元の食材を積極的に使っています。

⚫︎龍ケ崎を盛り上げたい
 

地域密着でお店を続ける髙見さん。今後はお店の敷地を活用して、キッチンカーを誘致するなどの「キッチンカー構想」を検討中。すでにキッチンカーが不定期で出店しているそうです。「これからも地元をもっと盛り上げていきたい」と、静かな口調ながらも熱い思いを語ってくれました。
 最後に、これからお店を始めたいと考えている方へのアドバイスを聞きました。
お店は1人ではできないと感じた髙見さん。小学6年生になる息子さんもお店を手伝ってくれるそうです。お店を続けていくうえで、家族の大切さを感じるとともに、お客さん、食材、お金の大事さにも気づかされたといいます。
「粉モノが儲かる時代ではないけど、心から応援したいです。頑張ってください。」

————-
SHOP INFO
麵屋 たかみ
龍ケ崎市松ケ丘2-24-17
TEL/ 0297-85-4560
定休日/月曜日
P/あり
11:00~14:00、18:00~21:00

 

 

取材/撮影
宇津井志穂

[ CONTACT ]:お問い合わせはお気軽に!

詳しくはお問い合わせください。

対応可能時間 平日10:30~16:30

PAGETOP